蛇口のパッキンの交換は水道修理の基本

水道修理の中で、最も基本となるのは蛇口です。水道の圧力を受け止め、調整するために蛇口にはパッキンが必要になります。劣化の激しい部分ですが、水道の修理の中では難易度の低いパーツです。

■消耗品のパッキン

蛇口からの水漏れの大半は、パッキンの劣化にあります。交換自体は部品が手に入れば難しいわけではありません。道具も身近にあるもので対応できるため、異常を感じたらできるだけ早く対処することが必要です。
交換する場合には、まず止水栓を閉めます。場所によっては止水栓が取り付けられておらず、元栓を閉めなければいけない場合も出てくるため、事前に確認しておくといいでしょう。
水の流れを止めたら、蛇口を解体していきます。モンキーレンチやマイナスドライバーがあれば、一般的な蛇口は対応できるため、特別な道具はいりません。内部のコマやパッキンを外したら、それを持って買いにいけば部品も間違わずに購入できます。

■難しい時には専門業者に

現在のホームセンターでは、蛇口に関わる部品はほぼ手に入るようになりました。しかし、中には特殊な形状をしているものもあります。パッキンを交換しただけでは水漏れは治らず、カートリッジなども交換しなければいけません。センサーの入っているものになると、別の原因で水漏れしている場合もあります。
部品が摩耗してくると、交換しなければいけないことも出てきます。だいたい7年程度が目処といわれており、レバー回りなどから水漏れしてきているときは、修理よりも交換を考えるべきでしょう。難しいと感じたときには、水道 工事会社に依頼して交換してもらうのが安全です。

■まとめ
蛇口は使用頻度が高く、どうしても消耗する場所です。パッキンやコマなどは消耗品ですが、本体もいずれは耐用の限界を超えてしまうことを理解しておけば、漏れた場所によって対応が分かるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ