トイレで起きた水道トラブルの修理方法

トイレから水漏れが起きているときには、一体なにが原因なのかを突き止めなければいけません。問題の箇所がわかれば、自分で修理するのか、それとも専門の業者に依頼するのかの判断もつくでしょう。

■水道の接続部分から水漏れ

トイレは水道から水を供給して洗い流すのが基本です。タンクがあるタイプでは、給水管から水漏れするケースがあります。接続部分にはゴムのパッキンを使いますが、水に触れ続ける部品です。ゴムの成分がわずかずつでも流れ出していき、やがて弾力性を失うほど劣化してしまいます。避けることができない状況からも、定期的に交換が必要です。また、接続部分はナットで締め付けられており、何かしらの力が働き緩むことも考えられます。パッキンを交換するときにも、必要な力を掛けて締め付けるとともに、ネジ山部分にはシールテープを巻くなどの処置もしなければいけません。

■少しずつ漏れている場合

タンクから便器の中に少しずつ水漏れしている場合には、内部の栓に隙間が空いていたり、フロートの位置が狂い、必要以上の量になっている可能性があります。水道がつながっているボールタップがうまく働かずにずっと供給されているときも、水が少しずつ便器に流れ落ちてしまっています。これらが原因の水漏れの場合は、部品の交換により改善されます。
部品自体はホームセンターなどでも手に入るようになりました。交換する部品自体を持っていけば、同じものを購入できます。その場で販売していなくても注文はできますが、毎日使う場所なので、専門業者に依頼して修理してもらうことも考えなければいけません。

■まとめ
トイレの水漏れは、自分で修理できる方法がいろいろとあります。問題はどこから漏れているのか、部品は手に入るのかという部分になるため、難しいと思ったら専門業者を頼ったが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ