洗濯機の故障を防ぐための水道修理

水道が接続されている設備はいろいろとあります。その中でも大量の水を使うのが洗濯機で、水漏れを起こせば大きな被害を出してしまう機械です。本体に問題がなくても、水道側の問題で被害が発生することもあります。

■洗濯機は家電製品であることに注意

洗濯機の構造は複雑で、故障しても簡単に判別できないのは、電気製品だからです。故障には内部の構造的な問題の場合もありますし、消耗品となるパッキンの劣化の場合もあります。日常的にモーターを使い振動を受け続けているため、配管に金属疲労が発生することもあります。電気を使う機械のため、修理は難しく専門業者に依頼して点検し、故障個所を直してもらうのが確実な方法といえます。
使い始めて年数が経った場合には、買い替えという選択も必要です。内部の劣化が進むと、修理にもかなりの費用がかかります。部品が手に入らなかった場合など、修理が効かなくなるからです。

■壁の中から水漏れしてくるケースもある

洗濯機の場合、水道側からの水漏れが起きる可能性があります。水道の蛇口とホースを使って接続しますが、ここからの水漏れはホースの緩みや劣化が問題で、大量の水が流れ出してしまいます。
水道が取り付けられた洗濯機専用の場所に設置する場合が大半ですが、壁の中から水漏れするケースもあります。蛇口だけが壁から出ている場合には、内部で問題が起きてしまうとなかなか気がつきません。壁が濡れてきているなど異変を見つけたときには、一旦止水栓を閉めるなどして、問題があるかどうか点検する必要があります。専門業者に依頼して、問題がどこにあるのか突き止めるといいでしょう。

■まとめ
洗濯機は、水道から水の供給を受け続けます。蛇口も全開になっているため漏れはじめたら止まりません。異変を見つけたときには、被害が拡大してしまう前に、できるだけ早期の修理が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ