水道の修理は原因をみつけて対処する

水道の修理は原因をみつけて対処する 水は生活していくうえで絶対に欠かすことができない存在です。ライフラインと呼ばれるのも当然ですが、正常に使い続けるためには、水道管に取り付けられた蛇口部分が重要となります。蛇口をひねれば水が出てくる、というのは水の豊かな日本では当たり前のことですが、使い続けていればもちろん部品はすり減り、劣化した部分から水漏れしてくることもあります。また蛇口そのものが壊れ、交換しなければいけない場合もあります。
自分で修理できる範囲もあれば、対応が難しい場合もあります。水道管本体に問題があり使えなくなることもあるため、何が故障の原因となっているのかを突き止めなければいけません。

■蛇口からの水漏れは素早く修理

安全に水が使える状況に慣れていることで、限られた資源であることを忘れがちです。水はいくらでもあると思っていたら、水漏れを起こし水道料金が跳ね上がって大事な存在なのに気がつくことがあります。公共のインフラとして使われている水は、トラブルが起きると経済的に大きな被害を及ぼすため、とにかく漏れている箇所を見つけ直すことが大切です。
水道の水漏れの場合、水漏れにはっきりと気がつく場所と、見つけにくい場所があります。蛇口からの水漏れは、漏れていることが目で見て分かるため気づきやすいので、ほんの少しでも漏れ始めたらすぐに修理しましょう。一旦漏れ出すと24時間漏れ続けてしまうので、修理が遅くなればなるほど水道代にも影響が出てしまいます。

■蛇口本体も壊れる
蛇口は、水道管に取り付けられている末端の部品です。水は圧力をかけて送られてきますが、蛇口があるおかげで水量の調節ができます。必要な量の水を取り出すために開け、必要がないときには閉めておいて流さない、ということが大事な機能です。
いつでもレバーは動くものと思っていると、動かしづらいどころか全く動かない状況が生まれてしまうこともあります。これは蛇口が水周りの中では、特に複雑な機構を持っているからです。
蛇口は、いろいろなパーツでできており、水圧に耐えられる設計がとられています。完全に閉めてしまえば水の流れを遮り、水漏れを起こしたりしないはずです。ただ、使用により部品が摩耗してしまい、本来の性能を発揮できなくなれば水漏れしてしまいます。こうした状況は、部品の交換だけではなく、蛇口 交換が必要になることもあります。

■まずは止水栓を閉めることから

水漏れする場所は、蛇口周りだけとは限りません。普段からよく使う使用頻度の高い場所では、漏れてくる可能性がより高まります。そのひとつに挙げられるのがシャワーです。
シャワーは日本人の生活にも欠かせないものになってきました。どこから漏れているのかで判断しなければいけませんが、お風呂の場合には止水栓が見つからないことが良くあります。その場合は止水栓の代わりに、元栓を閉めれば水を一時的に止められます。ただし、元栓を閉めたら、家庭内の水道はすべて止まります。交換したときに、間違って他の蛇口をあけたりしないことが必要です。

■まとめ
水漏れを起こしたときには、生活も不便になりますし被害が拡大する恐れもあるため、素早く対処しなければいけません。水道は水圧がかかっている以上、どんどんと漏れだしてきます。修理をするためには、まず漏れている水を止めましょう。修理の方法は、トラブルが起きた場所に合わせなければいけませんし、止水栓の位置なども確認しておく必要があります。シャワーのように見つかりにくい場合もあるため、元栓の位置も確認しておくと安心です。水道に関することは、状況に合わせた修理と対応が必要です。慌てないで対応するためにも、知識を身につけておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース